メルマガバックナンバー印刷に関するお役立ち情報をメールでお届けします

紙は厚い方がいい!?

おはようございます。
アイカの井上賢治です。

週末に大きな地震がありました。
皆さま、おけがなどはありませんでしょうか。

私も宮城県の出身で、家族、友人もたくさんおり、
その後、なかなか寝付けませんでした。

これ以上、大きな被害がでないことを祈るばかりです。

さて、本日よりメルマガをスタートします。

これから1か月に1回程度、業界の最新動向や、
印刷に関する豆知識をお届けいたします。

少しでも、皆さまのお役に立てれば幸いです。

当社は、2月1日に新年度(第46期)を迎えました。

「2021年度はメルマガを始めよう」と決めていましたが、
実は、今日を迎えるまでには、いくつもの葛藤がありました。

書き続けられるだろうか・・・・・・
そもそも読んでいただけるだろうか・・・・・・

不安を抱えながらでしたが、先日、メルマガ開始のご案内をお送りしたところ、
たくさんの方から、温かいご返信、励ましのお言葉をいただきました。

非対面が求められる中、ここを一つの情報交換の場として育て、
皆さまとともに成長したいと考えております。

どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、第1回のメインテーマはこちらです!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■紙は厚い方がいい!?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一口に「紙」といっても、その種類や厚さはさまざま。
一般的によく使用される「コート紙」だけでも、
数多くの選択肢があります。

55kg、73kg、90kg、110kg、135kg

代表的なのがこの5種類。
もちろん、これ以外の厚さもあります。

「紙は厚い方がしっかりしてますよね」
「裏が透けてしまうのが嫌なので、紙を厚くしてください」

こういった声もよく耳にします。
やはり紙は厚い方が良いのでしょうか。

「おすすめの紙はありますか?」と聞かれたとき、
私は、必ず2つのことを質問しています。

それは「印刷物の内容」と「印刷物を作る目的」です。

==========================
その印刷物は誰のため?
==========================

皆さんは旅行代理店に行ったことはありますか。
大きな店舗ともなれば、目的地別に数えきれないほどの
パンフレットが並んでいます。

行きたい先のパンフレットを、数冊手に比較検討。

「このコースがいいんじゃない」
「こっちのホテルも魅力的だよ」

旅行が楽しいことはもちろん、家族や友人と
こうしてワイワイ語り合う時間も楽しみの一つ。

「とりあえず、いくつか持って帰ろう」
パンフレットを折りたたんでバッグにしまう方、
あるいは、数冊丸めて握りしめる方もいるでしょう。

ところが、あまり厚い紙が使われていると、
「折りたためない・・・・・・」

その他にも「重い」「かさばる」など、
それが理由で、持ち帰る対象から
外されてしまう可能性があるのです。

そもそも手にしてもらえなければ、
パンフレットは、その役割を果たせません。

紙が薄いことにもメリットはあります。
大切なのは、パンフレットを使う人の立場になって考えることです。

「裏が透けているから、このツアーはやめよう」
とはならないはずなので。

もちろん内容によっては、紙が薄いことが
マイナスに感じることも。

「豪華客船で行く世界一周旅行!」
このパンフレットがあまりにペラペラだと、
それはそれでちょっと残念ですよね。

印刷物の内容と目的を伺う理由が、ここにあります。

=================================
印刷費以外のコストにも目を向ける
=================================

資料請求をした方にパンフレットを郵送。
そのような企業も多いはず。

現在、定型外郵便の最低料金は120円。
50gまでの郵便物を送ることができます。

A4サイズのパンフレットを送る場合で考えてみましょう。

一般的な角2封筒の重さはおよそ18g。
送付状を1枚入れたとして5g程度。
残りは27gです。

仮にそのパンフレットが8ページだとすると、
110kgの紙では、総重量が50gを超えてしまいます。

最近は、荷物を安価で送るための選択肢が増えたと感じます。
ゆうメール、クリックポスト、ゆうパケット、
その他にも、各宅配会社から多くのサービスが出ています。

これらのサービスにも、やはり一定の重量制限があります。
その中でも特に多いのが、重量1kgまでの制限。

ページ数の多いカタログを送る場合にも、
この「1kgの壁」を考える必要があります。

カタログのページ数によっては、
73kgの紙ならば1kg以内に収まるのに、
90kgの紙では、制限オーバーということも。

カタログの紙を厚くすることで、成約率が上がるのであれば、
それはそれでOKかもしれません。

しかし成約率が変わらないのであれば、
郵送コストを抑えることも、検討する価値がありますよね。

━━━━━━━
■お知らせ
━━━━━━━

◎2021年4月1日より、総額表示が義務化

「総額表示義務」とは、商品やサービスの価格を表示するときに、
消費税額を含めた価格にすることです。

値札やポスターなどの店内装飾はもちろん、
カタログやチラシも、その対象です。

早めのご準備をご検討ください。

※事業者間取引は対象ではありません

━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━

2月8日付の「オリコン 週間コミックランキング」では、
なんと1~15位を「呪術廻戦」が独占。

「鬼滅の刃」に続き、またまた大ヒット作が登場。

大きな経済効果がニュースにもなっていますが、
その効果は、当然印刷業界にも。

重版に次ぐ重版で、一部では製本が
パンク状態との噂もチラホラ・・・・・・

※当社では扱っておりません。噂です(笑)
 皆さん、印刷のご注文はお早めに。

2月、3月は多くの印刷会社にとって、最大の繁忙期。
私もこのままノンストップで駆け抜けます!

このメルマガに返信すると、そのまま井上だけにメールが届きます。
感想やご質問など、お気軽にご返信ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2万部以上のカタログ・冊子
10万部以上のチラシ・パンフレット
大ロット印刷なら

アイカTOKYO.net
https://aika-tokyo.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行責任者】
株式会社アイカ 東京本社
井上賢治
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋3-11-14 GS千代田ビル7階
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ登録はこちら

株式会社アイカ 東京本社
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋3-11-14
GS千代田ビル7階
会社概要アクセス
電話でのお問い合わせ
03-4221-1116
営業時間:9:00-18:00(平日)
電話をかける
メールでのお問い合わせ