メルマガバックナンバー印刷に関するお役立ち情報をメールでお届けします

「見せる」か「読ませる」か

おはようございます。
アイカの井上賢治です。

印刷業界は繁忙期の真っ只中。
先週も、100万部を超える冊子のご注文がありました。
忙しい毎日が続き、ありがたい限りです。

先月、日本銀行は、国立印刷局に発注する1万円札の印刷を
9億枚にすると発表しました。

前年比で2,000万枚の減少。
減少は4年連続で、現行紙幣では過去最低となるそうです。

確かに、現金を使う機会がぐっと減りました。

それにしても9億枚!

過去、私が手掛けた最大部数は600万枚。
調べてみると、当社で手掛けた一案件の最大部数は
6,800万枚でした。

上には上がいるものです・・・・・・

それでは、今回のメインテーマにいきましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「見せる」か「読ませる」か
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「最近、雑誌を読んでいても目がチカチカする。
 歳のせいかな・・・・・・」

なんて、気になってしまったことありませんか?

ちょっと待ってください。
それは歳のせいだけではないかもしれません。

==========================
用紙選びのポイント
==========================

「用紙は以下よりお選びください」
・コート紙
・マットコート紙
・上質紙

印刷物を注文するときって、たいていこの3択ですよね。

「オススメ」って書いてあるからこれでいいか。
なんて、安易に選んでしまってはいけません。

印刷物の目的に合った、適切な紙を選ぶことが大切です。

コート紙は、その名の通り表面にコーティングが施されています。
光沢があり、ツルツルとした手触り。

写真がきれいに再現されるので、
ファッション誌やエンタメ誌、スポーツ雑誌など
数多くの媒体で使用されています。

一方、上質紙はコーティングがされていません。
コピー用紙のような質感です。
インキが沈みやすく、写真もくすんだような印象に。

自治体が発行している広報誌は、ほとんどがこれです。

この2つの使い分けのポイント。
それは「見せる」のか「読ませる」のかの違いです。

コート紙はビジュアルを「見せる」ことに適していますが、
文字を「読ませる」のには向いていません。

蛍光灯の光が反射して、長時間読んでいると疲れてしまうことも。
目がチカチカするのは、これが原因かもしれません。

その点、上質紙は読みやすく目に優しいと言えます。

見え方で言うと、マットコート紙は2つの中間のイメージ。

コート紙同様、表面がコーティングされていますが、
光沢が抑えられたつや消しタイプ。

光の反射も少なく、落ち着いた印象に。
しっとりした触感が、高級感を演出したりもします。

「見せる」かつ「読ませる」のハイブリッド版といったところでしょうか。

==========================
紙は3択とは限らない
==========================

「読ませる」に重きを置くならば、他の選択肢もあります。
それが「書籍用紙」。

専門用語で表すと「嵩高微塗工紙(かさだかびとこうし)」。
書籍用紙の多くがこれです。

「嵩高紙」の特徴は、軽いのに厚みがあること。
同じ斤量でも、コート紙と比べると25%ほど厚みがアップします。

話題の新刊や、ビジネス書にもよく使用されており、
電車の中で片手で本が読めるのも、この紙があればこそ。

しなやかでページがめくりやすく、
裏が透けにくいのも特徴。

「微塗工」とある通り、表面をコーティングしていますが、
コーティング剤の塗工量はわずか。

当然、光の反射もわずかなため、長時間目にしても疲れにくい。

コーティングのおかげで、
上質紙より発色が良いのも嬉しいポイントです。

書籍用紙には、「読ませる」ための要素が
ふんだんに盛り込まれています。

==========================
紙で心理的満足度を高める
==========================

書籍って厚みが必要なんです。

書店に行くと、一部の平積みされているタイトルを除いて、
ほとんどは棚に収納されていますよね。

背表紙だけを見て、手に取ってもらわなければならない。
だからこそ厚みが必要。

また、あまり厚みのない書籍だと、
「内容も薄いのかな」と勘違いされてしまうかも。

情報の充実度を伝えるためにも、
パッと見の印象って大切なんですよね。

そもそも厚い本って、気分が高揚しませんか?

・手にしたときの満足感、
・読み終えた後の達成感

この2つが格別。
心理的満足度まで高める効果が、期待できるのです。

この書籍用紙。
もちろんカタログやパンフレットへの使用もOK。

・競合他社との差別化
・特別感を演出したい

そんな時は、ぜひ書籍用紙の存在も思い出してみてください。

━━━━━━━
■お知らせ
━━━━━━━

◎出展情報

「マーケティング・販促サミット 2021 Spring」に出展します。
・主催:合同会社DMM.com
・会期:2021年5月12日(水)~14日(金)

この展示会、なんとオンラインでの開催なのです。

インターネット環境さえあれば、どこからでも参加できます。
これも新しいビジネスの形ですね。

▼プレスリリース
https://dmm-corp.com/press/press-release/32165
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003721.000002581.html

詳細は、次回のメルマガでお伝えできる予定です。

━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━

週末は、愛犬のトリミングへ。

犬の散髪は、私なんかよりよっぽど高額。
そのため、支払いはいつもクレジットカード決済。

財布片手にお迎えに行ったところ、なぜか店員さんが困り顔。
「カードの読み取り機が故障してしまって・・・・・・」

現金で支払おうにも、財布の中には千円札が1枚。。

スマホ決済にも対応しておらず、
まさかのツケ払いにしてもらいました。

やっぱり現金も持ち歩かないとダメですかね。

このメルマガに返信すると、そのまま井上だけにメールが届きます。
感想やご質問など、お気軽にご返信ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2万部以上のカタログ・冊子
10万部以上のチラシ・パンフレット
大ロット印刷なら

アイカTOKYO.net
https://aika-tokyo.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行責任者】
株式会社アイカ 東京本社
井上賢治
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋3-11-14 GS千代田ビル7階
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ登録はこちら

株式会社アイカ 東京本社
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋3-11-14
GS千代田ビル7階
会社概要アクセス
電話でのお問い合わせ
03-4221-1116
営業時間:9:00-18:00(平日)
電話をかける
メールでのお問い合わせ