メルマガバックナンバー印刷に関するお役立ち情報をメールでお届けします

大切な商品だからこそ

おはようございます。
アイカの井上賢治です。

最近、Zoomを使う機会がとにかく増えました。

商談についても、対面よりもZoomが主流。
社内のミーティングも、ほとんどをZoomに切り替えました。

在宅勤務も多いため、自宅のオンライン環境を整備。
外付けのカメラ、マイクも購入。
これで映像、音声とも、相手の方にクリアに届くはず。

そして美白ライトも購入。
やっぱりパッと見の印象も大切ですよね。

部屋がYouTuberのようになってきました。笑

それでは、今回のメインテーマにいきましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■大切な商品だからこそ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、近所で見かけた親子連れ。

女の子が、大きな箱を大切そうに抱きかかえています。
なんだかとっても嬉しそう。

「ハッピーバースデイ トゥ ユー♪」
どうやら誕生日のようですね。

プレゼントであろうおもちゃのパッケージを
ギュ~っと抱きしめていました。

とっても微笑ましい光景です。

==========================
表面加工という付加価値
==========================

おもちゃに限らず、市販されている商品の
印刷パッケージに共通している加工。

それが「表面加工」です。

表面加工の目的はさまざまですが、
主に以下の効果が期待できます。

・印刷面の保護
・耐久性の向上
・光沢感アップ

この表面加工、カタログやパンフレットの表紙としても
活用されています。

ここでは代表的な3つをご紹介します。

(1)OPニス

透明な油性溶剤を、印刷物の表面に塗り
コーティングする手法。

加工と表現していますが、実際は印刷工程の一部。
印刷した絵柄の上に、透明なインキを重ね塗りするイメージです。

印刷面の保護が一番の目的。
光沢感もアップしますが、印象としてはわずか。
OPニスをしていないものと比べれば分かるといった程度です。

(2)プレスコート

印刷面の表面に樹脂をコーティングし、
熱をかけ、ローラーでプレスする手法。

乾燥させた後に金属板を圧着させることで鏡面が転写され、
より平滑で美しい光沢が得られるのが特徴。

OPニスよりも光沢感、耐摩性とも大きくアップします。

(3)PP加工

印刷物の表面にポリプロピレンフィルムを貼り、
コーティングする手法。

プレスコート同様、光沢感はOPニスよりも大幅アップ。
フィルムを貼っているので破れにくく、
耐久性も飛躍的に向上します。

耐水性もあり、表面についた水滴を弾いてくれるのも
嬉しい特徴です。

==========================
表面加工選びのポイント
==========================

3つの代表的な表面加工。
コストの高い順に並べると、次のようになります。

(3)→(2)→(1)

冒頭で、表面加工の主な効果を3つピックアップしました。
この中のどれを求めるのか。
やはり目的や用途によって、使い分けを考えましょう。

耐久性を求めるならば、PP加工がおすすめです。

写真集や映画のパンフレット。
思い出として長期間残してほしい冊子には、
たいていこの加工が施されています。

一年に1回発行している総合カタログ、
何度でも開いてほしい商品カタログであれば、
やはりPP加工が最適。

以前、業務用の食材、調理器具等が掲載された
カタログを制作する機会がありました。

ユーザーが飲食店の方であれば、
手が濡れたままカタログを手にする可能性もありますよね。

そんな時にもPP加工はその効果を発揮します。

光沢感だけを求めるならばプレスコートがおすすめ。
PP加工よりも安価で、十分な光沢が得られるため、
ファッション誌などにもよく使用されています。

毎月、あるいは年4回程度発行のカタログであれば、
これで十分です。

ポリプロピレンフィルムを貼るPP加工と違って、
脱プラに貢献できるのもポイント。
環境に優しい加工方法と言えます。

====================================
大切なのは印刷物ではなく・・・・・・
====================================

ところで、こんな経験はありませんでしょうか。

・長時間、本を読んでいたら指先が汚れてしまった。

・印刷されたポイントカードを財布に入れていたところ、
 財布の中が汚れてしまった。

印刷用のインキ。
どれだけ乾いていたとしても、長時間触れていたり、
こすり合わせることによって、色が移ってしまうことがあります。

おもちゃのパッケージも、もし表面加工がされていなければ、
ギュ~っと抱きしめた際に、
洋服に色が移ってしまう可能性もあるのです。

お気に入りの洋服が汚れてしまう。
そんなことになったらショックですよね。

例えば、洋服についているブランドロゴが印刷されたタグ。
これもOPニスでコーティングするなど、
色が移らない対策が必ず施されています。

購入された商品とともに、パンフレットを袋に入れる。
商品を発送する際にカタログを同梱する。
このようなケースもあると思います。

印刷面の保護。
これは、なにも印刷物自体を保護するだけが目的ではありません。
印刷物に接する相手に、色を移さない配慮でもあるのです。

お客さまに購入していただいた大切な商品。
簡易包装が叫ばれる今だからこそ、
色移りなどないよう印刷物にも心を配りたいものです。

━━━━━━━
■お知らせ
━━━━━━━

◎出展情報

「マーケティング・販促サミット 2021 Spring」に出展します。
・主催:合同会社DMM.com
・会期:2021年5月12日(水)~14日(金)

オンライン開催の展示会です。
インターネット環境さえあれば、どこからでも参加できます。

▼来場登録はこちらから
https://showbooth.dmm.com/schedule/marketing/

本日、4/19(月)から商談予約の受付が開始。
商談予約をいただいた方には、
もれなく用紙のサンプル集をプレゼントします。

今回、当社ブースでは、話題の「抗菌ニス」もご紹介。

最近、最も問い合わせの多い表面加工が
実はこの「抗菌ニス」。

衛生環境への関心が高まる中、
印刷物でも清潔・安全をご提案いたします。

資料を無料でダウンロードできます。
商談なし、ブースをご覧いただくだけでももちろんOKです。
ぜひ当社ブースにお立ち寄りください。

━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━

普段、ほとんど漫画は読まないのですが、
最近、唯一楽しみにしている漫画があります。
それがこちら。

「刷ったもんだ!」
https://morning.kodansha.co.jp/c/suttamonda.html

かつて「西中の白虎」と恐れられた元ヤンが、印刷会社で働くお話。

「入稿データの確認は紙を重ねてパタパタすると見やすい」など、
知らなくても生きていけるけど、知っていると得した気分になれる
印刷業界の「あるある」がちりばめられています。

リッチブラック、特色、カンプ、ヤレ紙といった
印刷業界ではおなじみの用語も飛び交う部内。

主人公は、持ち前の強気な性格から、
ついつい仕事を一人で背負いがち。

時には鋭いまなざしで「ガン」をつけてしまうため、
意図せず周囲の人を恐れさせることも。

印刷会社の悪戦苦闘ぶりが楽しく描かれています。
私たちの普段の仕事ぶりが垣間見えるかもしれません。

このメルマガに返信すると、そのまま井上だけにメールが届きます。
感想やご質問など、お気軽にご返信ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2万部以上のカタログ・冊子
10万部以上のチラシ・パンフレット
大ロット印刷なら

アイカTOKYO.net
https://aika-tokyo.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行責任者】
株式会社アイカ 東京本社
井上賢治
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋3-11-14 GS千代田ビル7階
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ登録はこちら

株式会社アイカ 東京本社
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋3-11-14
GS千代田ビル7階
会社概要アクセス
電話でのお問い合わせ
03-4221-1116
営業時間:9:00-18:00(平日)
電話をかける
メールでのお問い合わせ