メルマガバックナンバー印刷に関するお役立ち情報をメールでお届けします

最適なページ数とは

おはようございます。
アイカの井上賢治です。

「マーケティング・販促サミット 2021 Spring」
先週は、こちらの展示会に出展していました。

ご来場いただいた皆さん、ありがとうございます。

これまでも、東京ビッグサイト等で開催される展示会に
出展経験がありますが、今回はオンライン展示会を初体験。

とにかく、見るものすべてが新鮮でした。

展示会場は、パソコンの画面上にある仮想空間。
その中を来場者、出展者、それぞれのアバター(分身)が
自由に移動しています。

パソコンのマイクを通して、近くにいる来場者と会話が可能。
専用ルームに入れば、自動的にオンライン会議システムが起動し、
お互いに顔を合わせての商談もできるのです。

自宅にいながら、全国各地の企業と商談できるなんて、
時代が変わりましたね。

会期中、他にも時代の変化を感じる出来事がありました。
長くなってしまうので、続きは編集後記で。

それでは、今回のメインテーマにいきましょう!

━━━━━━━━━━━━━
■最適なページ数とは
━━━━━━━━━━━━━

「このページいらないよね?」
ある本を読み終えた妻が一言。

見ると、巻末に何も印刷されていない真っ白なページ。

「なにかの間違いかしらね?」
続けて聞いてきます。

もしかしたら、読者の皆さんの中にも
「気になったことがある」という方がいるかもしれません。

これは、間違いでもなければ、
決して印刷ミスでもありません。

真っ白なページを入れるべき、明確な理由があるのです。

==========================
無駄なく効率的に
==========================

最近、私が住んでいる区の広報誌がリニューアルされました。

夕刊紙のようなタブロイド判からサイズを変更し、
A4サイズ16ページの冊子に。

それでは、なぜ「16ページ」にしたのか。
今日のメルマガのポイントがここ。

カタログやパンフレットなどの冊子印刷。
ページ数を決める上で、私がお勧めしているのが、
「16」の倍数です。

A4サイズの冊子を作るケースで考えてみましょう。

製本は、A4の紙を何枚も束ねて
綴じているわけではありません。

両面に印刷された一枚の大きな紙を折る。
それが製本のスタートです。

例えば、A4サイズの倍の大きさ、
A3サイズの紙を二つに折ることで
「A4-4ページ」ができます。

同様に、A2サイズの紙を四つ折りし「A4-8ページ」、
A1サイズの紙を八つ折りすることで「A4-16ページ」を
作ることができます。

これらのパーツを組み合わせることで、
一冊の冊子が誕生します。

例外的に「32ページ」に折ることもありますが、
基本的には「16ページ」がパーツ単位での最大。

つまり、一つの工程だけでできる最大が「16ページ」。
「16ページ」の組み合わせが、最も効率的で無駄がない。
だからこそ「16」の倍数を勧めるのです。

==========================
パーツの最適化を考える
==========================

「16」の倍数をお勧めするには、いくつか理由がありますが、
最大の理由は、コストパフォーマンスの良さ。

製本代は、ページ数が少ないほど安価だと思われがちですが、
それは誤解です。

製本代は、その冊子を構成するパーツの数によって変わります。

「28ページ」と「32ページ」二つのケースについて、
それぞれ分解してみましょう。

──────
28ページ
──────
・4ページ+8ページ+16ページ

──────
32ページ
──────
・16ページ+16ページ

32ページが二つのパーツであるのに対し、
28ページの場合はパーツが三つに。

結果、ページ数の少ない28ページの方が製本代は高くなります。

注)あくまでも製本代の比較です。
  印刷費の総額ではありません。

冒頭で紹介した本も、ページ数を「16」の倍数にするために
真っ白なページを入れたのでしょう。

この本は240ページの本でしたので、分解するとこうなります。

・16ページ×15

ところが、真っ白なページを無くそうとすると、
パーツが無駄に増えてしまいます。

・16ページ×14+8ページ+4ページ+2ページ

身近にある雑誌や書籍を見てみてください。
きっと「16」の倍数になっているものが、たくさんあるはずです。

巻末に「MEMO」と称したページが入っている資料なども、
案外、「16」の倍数にすることが目的だったりもします。

====================================
ページ数によって納期の短縮も
====================================

「16」のメリットは他にも。

ページ数を「16」の倍数にすることは、
時には、納期の短縮や、品質の安定さえも期待できるのです。

パーツが増えれば、当然、印刷するパーツも多くなります。

専門的な話をするならば、2ページや4ページは、
「貼り込み」など、別の工程が必要となることもあり、
それが納期を遅らせる要因になることも。

なにより工程が増えれば、ミスが起こる可能性も高まります。
シンプルな構成にすることが、より良い製品を生み出すことにも
つながるのです。

今回ご紹介したのは、あくまでも基本の話。

サイズや用紙、印刷部数によっても、
適切なページ数は変わります。

仕様の決定に迷ったら、ぜひお気軽にご相談くださいね。

━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━

「井上さん、お久しぶり!」
オンラインの展示会場で、ふいに声をかけられました。

画面上、隣にいるのはクマさん。笑
アバターなので、その時点では誰なのか分かりません。

それでも、お名前を聞いてすぐに記憶がよみがえります。
かつて一緒に仕事をしたクライアントの方でした。

画面上に私の名前を見つけ、声をかけてくれたのです。

振り返ってみると、この方とお話ししたのは、なんと12年ぶり。
ついつい昔話にも花が咲きます。

お互いの近況を話しつつ、連絡先も交換。
月末に会う約束をして別れました。
これもご縁ですね。

街中で昔の知り合いにバッタリ。
皆さんも、そんな経験があるのではないでしょうか。

それがオンライン上で起こるなんて。
これも時代ですね。

このメルマガに返信すると、そのまま井上だけにメールが届きます。
感想やご質問など、お気軽にご返信ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2万部以上のカタログ・冊子
10万部以上のチラシ・パンフレット
大ロット印刷なら

アイカTOKYO.net
https://aika-tokyo.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行責任者】
株式会社アイカ 東京本社
井上賢治
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋3-11-14 GS千代田ビル7階
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ登録はこちら

株式会社アイカ 東京本社
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋3-11-14
GS千代田ビル7階
会社概要アクセス
電話でのお問い合わせ
03-4221-1116
営業時間:9:00-18:00(平日)
電話をかける
メールでのお問い合わせ