メルマガバックナンバー印刷に関するお役立ち情報をメールでお届けします

印刷物の問い合わせをスムーズにするポイント

おはようございます。
アイカの井上賢治です。

早いもので、6月も今日を含めてあと10日。
2021年も半分が経過するんですね。

月末は印刷物の納品も集中します。

定期刊行物も毎月20日から月末までの間に
納品するものがほとんど。

今月もしっかりと商品をお届けします。

来月は、いよいよ東京オリンピックが開幕か!?
どうやら開催も間違いなさそうな雰囲気。

都内周辺は、期間中の交通規制も予想されます。
封筒など、備品の在庫も早めにご確認くださいね。

総務省は、オリンピック・パラリンピック開催期間を含む
7/19(月)~9/5(日)に「テレワーク・デイズ2021」を
実施すると発表しました。

https://www.soumu.go.jp/main_content/000754784.pdf

どのような影響が出るのか、
ちょっと予定が立てづらいですね……

ますますZoomが活躍しそうです。

それでは、今回のメインテーマにいきましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■印刷物の問い合わせをスムーズにするポイント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回は、読者の方からいただいたお悩みを
メインテーマにしました。

印刷物の問い合わせがスムーズにいかない。
そうした状況を改善したいとのこと。

「思っていた内容と違っていた」
「問い合わせに対して、質問が返ってくる」

結果的に、何度もやり取りが続いてしまうようです。

業務の効率化は、多くの方が抱える課題。
コロナ禍、メールで問い合わせをする機会も多いかもしれません。

問い合わせをしても、回答ではなく質問が返ってきたら
ストレスですよね。

少なくとも、皆さんには印刷物の問い合わせをするために
ストレスを感じてほしくありません。

今回は、印刷物の問い合わせをスムーズにするための
ポイントをお伝えします。

==========================
問い合わせに必要な5項目
==========================

印刷物の問い合わせがスムーズに進まないのは、
主に二つの要因が考えられます。

・必要な情報が足りない
・複数の解釈ができてしまう

まずは必要な情報を整理しましょう。

特に、お見積もりの依頼であれば、
以下の5項目が必要になります。

───────
(1)サイズ
───────
A4、B5などJIS規格サイズであれば、それだけでOK。
規格外はミリ表示で。(例:210×100mm)

───────
(2)色数
───────
基本的には、カラー(4色)orモノクロ(1色)の2択。
特色を使用した2色印刷や5色印刷も可能。

───────
(3)用紙
───────
紙質と厚さの指定。
・紙質:コート紙、マットコート紙、上質紙など。
・厚さ:73kg、90kg、110kg、135kgなど。

────────────
(4)加工・製本内容
────────────
・折り加工:二つ折、巻三つ折、観音折など。
・製本仕様:中綴じ、無線綴じなど。ページ数もお忘れなく。
表面加工などのご希望もここで。

───────
(5)部数
───────
65,123部のような端数も可。
必要な数量をお知らせください。

基本的には、これだけの情報があれば十分です。
その他、納品先や梱包についてのご希望があればお知らせください。

=====================
誤解を無くすために
=====================

「思っていた内容と違う」
複数の解釈ができることによって、誤解が生じてしまう。
印刷物の問い合わせの難しさはここにあると思うんです。

例えば次のようなケースです。

─────────
・サイズ:A4
・加工:二つ折
─────────

この場合、解釈の仕方によって二つの仕様が考えられます。

(a)A4サイズを二つに折り、A5サイズに仕上げる
(b)A4サイズに仕上がるよう、A3サイズを二つに折る

ちなみに、ご質問いただいた読者の方は(b)のつもりだったのに、
(a)で回答がきてしまったとのことです。

展開サイズと仕上サイズ
いったいどちらを伝えるべきなのでしょうか。

====================
一枚ものか冊子か
====================

印刷物のサイズは「一枚もの」と「冊子」とで
伝え方を変えるとスムーズです。

結論から言うとこちら。
・一枚もの:展開サイズ
・冊子:仕上サイズ

「一枚もの」は、その名のとおり一枚の紙で出来上がっているもの。
紙を広げたときのサイズ(展開サイズ)を伝えることで、
折り加工の有無に関わらず、誤解なく伝えることができます。

一方、「中綴じ」や「無線綴じ」などの冊子であれば、
仕上サイズの方が誤解なく伝わるでしょう。

とは言え、これもあくまで一般論です。
実際、私も不安を感じる際には、あらためて確認します。

メールやフォームからの問い合わせを効率的に進めたいのならば、
展開サイズと仕上サイズ、どちらも伝えていただくと
間違いないでしょう。

もう一点、誤解を生じやすいのが、冊子のページ数です。

100ページの冊子と言われたときに、
その冊子の総ページ数なのか、本文のページ数なのかで
やはり解釈が分かれることがあります。

特に無線綴じの場合、「見返し」や「扉」など、
パーツが多くなることで、誤解が生じやすくなることも。

これも、例えば次のように伝えると、間違いがなく安全です。

──────────────
無線綴じ
表紙4ページ+本文96ページ
──────────────

=======================
問い合わせはお気軽に
=======================

ここまでは、あくまでも問い合わせをスムーズにするための
ポイントです。

冒頭で、見積もりに必要な5項目を挙げましたが、
決して「すべてを揃えて問い合わせをしてください」
ということではありません。

もちろん、問い合わせの時点では
すべてが決まっていないこともありますよね。

あるいは、決められないということもあると思います。

そんなときでも、まずはお気軽にお問い合わせください。

私たちは印刷のプロです。
決められないことがあれば、それも含めてサポートしたい。
そう考えています。

時には、予算だけが決まっており、その中で何ができるか、
そのような課題をお持ちの方もいると思います。

「印刷物の注文は初めて」
「仕様を一から考えたい」

このようなお問い合わせも大歓迎です。

最後は、少々手前味噌な内容になってしまいました。。

今回の内容が、少しでも皆さんの業務効率化に
つながれば幸いです。

━━━━━━━
■お知らせ
━━━━━━━

◎2022年カレンダーの受付を開始しました。

毎年ご好評いただいてるカレンダーの名入れサービス。
2022年も多彩なラインナップを揃えました。

▼デジタルカタログ
https://www.calendia.jp/dc/2022calendarcatalogue/index.html

メルマガ読者の皆さまに、いち早くご案内いたします。

毎年9月以降に注文が集中、
人気商品は品切れになる場合もございます。

早めのご検討をお勧めいたします。

━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━

先週、日経MJの「2021年上半期ヒット商品番付」が
発表されました。

皆さん、ご覧になりましたか?

東の横綱に選ばれたのは、なんと「サステナブル商品」。

環境や社会のサステナビリティー(持続可能性)に
対応した商品ということです。

具体的には、コカ・コーラ社のラベルレス容器、
ユニクロの再生素材を使用した衣料などが紹介されていました。

「サステナブル」

最近、このキーワードを目にすることが増えましたが、
これほどまでとは。

確かに、アメリカのバイデン政権が誕生してから
環境重視の政策が加速した気がします。

今後、注目のキーワードですね。
印刷における「サステナブル」。
これにもう少し目を向けていこうと思います。

このメルマガに返信すると、そのまま井上だけにメールが届きます。
感想やご質問など、お気軽にご返信ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2万部以上のカタログ・冊子
10万部以上のチラシ・パンフレット
大ロット印刷なら

アイカTOKYO.net
https://aika-tokyo.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行責任者】
株式会社アイカ 東京本社
井上賢治
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋3-11-14 GS千代田ビル7階
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ登録はこちら

株式会社アイカ 東京本社
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋3-11-14
GS千代田ビル7階
会社概要アクセス
電話でのお問い合わせ
03-4221-1116
営業時間:9:00-18:00(平日)
電話をかける
メールでのお問い合わせ