メルマガバックナンバー印刷に関するお役立ち情報をメールでお届けします

製本仕様を決める5つのポイント

おはようございます。
アイカの井上賢治です。

弊社は、今日から通常営業。
今日までお休みという方も多いですよね。
電車もまだ少し空いているでしょうか。

オリンピックが閉幕して、テレビを観る機会も激減。
軽いオリンピックロスかもしれません。

お盆休みは、昨年に続き帰省も旅行もなし。
ひたすら読書の日々でした。

本をまとめ買いしようと書店に行くと、
オリンピックが特集された雑誌やムック本が並んでいました。
せっかくだから、これも買っていくことに。

数ある中から、どの一冊を選ぶのか迷ってしまい、
思わぬ長時間滞在になってしまいました。

それでは、今回のメインテーマにいきましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■製本仕様を決める5つのポイント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

雑誌や書籍など、いわゆる「ページ物」を作るにも
製本仕様はさまざま。

よく目にするだけでも、次のようなものがあります。

・中綴じ
・無線綴じ
・平綴じ
・糊綴じ
・上製本

いずれも、ページをまとめるという機能は同じですが、
コストや納期、仕上がりのイメージなどが異なります。

今回は、さまざまな製本の中でもよく使用される
「中綴じ」「無線綴じ」を中心にご紹介。

二つの違いを理解していただくことで、
自社のカタログ・パンフレットを作る際の
ヒントになれば幸いです。

======================
情報量による使い分け
======================

「中綴じ」は、見開きのページの中央2か所を
針金で綴じる製本仕様です。

基本的に、ページ数は4の倍数になります。
8ページ、12ページ、16ページ、20ページ・・・・・・

ページ数の少ないパンフレットや冊子に多く使用されています。
ページ物を作るのに、最も手軽でポピュラーな方式。

「無線綴じ」は、紙を折ってページ順にならべたものを
いくつか重ねて背を糊で固め、表紙でくるむ製本仕様。

以前メルマガに書いた通り、本文は16の倍数にすると効率的ですが、
2ページ単位での増減も可能。

ページ数の多いカタログや情報誌によく使用されています。

「中綴じ」と「無線綴じ」は一般的には情報量、
つまりページ数によって使い分けされることがほとんど。

100ページを超えるような「中綴じ」は
ほとんど見かけませんよね。

コストと納期にも違いがあります。

同じページ数であれば「無線綴じ」よりも「中綴じ」が安価。
納期的にも「中綴じ」の方が早いです。

「コスト」「納期」そして「情報量」
基本的にはこの3要素をもって仕様が決定されます。

=========================
長期的に使用するならば
=========================

「コスト」「納期」「情報量」
この3要素以外にも、忘れてはならないことがあります。

私が常々お伝えすること。
それは「目的」と「用途」です。

「中綴じ」と「無線綴じ」には見た目に大きな違いがあります。
それは「背」があるかないか。

「背」があることで存在感が際立ちます。

本棚に収納した際、「中綴じ」は「背」がないため
一見しただけでは何の本かが分からず、
存在感が埋没してしまうことも。

一方「無線綴じ」は、「背」がその存在を主張してくれます。

オフィス用品のカタログであれば、
配布後、書棚に収納される可能性は十分に考えられること。

長期的に存在感を示せるかは重要なポイントなのです。

「背」が直角に近く、書棚でもしっかりと立ちやすい、
糊で固めているので、針金よりも強度が高いなど
長期保管にも優れています。

何よりも高級感が違いますよね。

と、いう訳でオリンピック特集号は「無線綴じ」をチョイス。
手元に残すなら「無線綴じ」がベターです。

より高級感を演出したい、
あるいは記念誌などの一生モノであれば
「上製本」といった選択もありますね。

==========================
使用される環境にも配慮を
==========================

使用される場所にも注意が必要です。

最も手軽でポピュラーな「中綴じ」ですが、
二つのリスクから、使用を敬遠されるケースがあります。

一つは安全性。

特に、小さな子供や高齢者にとって、針金の使用は
指先のけがにつながるリスクが高まります。

幼稚園や保育園、あるいは介護施設で使用される
カタログ、パンフレットであれば、配慮が必要です。

二つ目に異物混入のリスク。

繰り返しの使用で、綴じ部分に負荷がかかり
針金が外れてしまう可能性もゼロではありません。

食品メーカーや飲食店、製薬会社や病院等にとって
現場での異物混入は、絶対に避けなければならないリスク。

このような場所で使用される可能性があるならば、
やはり「中綴じ」は避けるべきでしょう。

ページ数が少ないのであれば、
「糊綴じ」という選択もあります。

製本仕様を決める際には、
やはり「情報量」が鍵にはなります。

しかしながら選択肢は一つではありません。

「コスト」や「納期」だけにとらわれることなく、
「用途」「目的」にも焦点をあて、最適な製本仕様を選びたいですね。

━━━━━━━
■お知らせ
━━━━━━━

◎2022年カレンダー好評受付中。

毎年ご好評いただいてるカレンダーの名入れサービスです。
2022年も多彩なラインナップが揃っています。

▼デジタルカタログ
https://www.calendia.jp/dc/2022calendarcatalogue/index.html

9月後半から注文が集中いたします。
品切れになる前に、早めのご検討をお願いします。

━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━

暑い日にはアイスが食べたくなります。
ほぼ毎日ですけどね。笑

我が家の冷凍庫には、2リットル入りの大型バニラを常備。
どれだけ食べるんだと思われるかもしれませんが、
取り分けるのが面倒なので、意外と自制できていたりします。

先日、「CMYKアイス」なるものを発見しました。
https://bibibi-juruli.com/archives/140

「CMYK」はご存知のとおり、カラー印刷の表現方法。

これは、富山県美術館で開催されているポスターの国際公募展
「第13回世界ポスタートリエンナーレトヤマ2021」の
企画メニューとして誕生したものです。

印刷に携わる者としては、ぜひ食べてみたい。
とは言え、これこそ不要不急ですよね。

市販の似た商品を買い集めて、自作しようかな。

自由に移動できる生活が待ち遠しいです。

このメルマガに返信すると、そのまま井上だけにメールが届きます。
感想やご質問など、お気軽にご返信ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2万部以上のカタログ・冊子
10万部以上のチラシ・パンフレット
大ロット印刷なら

アイカTOKYO.net
https://aika-tokyo.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行責任者】
株式会社アイカ 東京本社
井上賢治
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋3-11-14 GS千代田ビル7階
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ登録はこちら

株式会社アイカ 東京本社
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋3-11-14
GS千代田ビル7階
会社概要アクセス
電話でのお問い合わせ
03-4221-1116
営業時間:9:00-18:00(平日)
電話をかける
メールでのお問い合わせ