メルマガバックナンバー印刷に関するお役立ち情報をメールでお届けします

いま注目の「バイオマス」を取り入れよう

おはようございます。
アイカの井上賢治です。

最近、時間管理にはまっています。

「究極のスピード仕事術」「究極のタイムマネジメント」
先月、今月と、時間管理を極めるセミナーに続けて参加。

毎朝、通勤時間に聞いているClubhouse(音声配信SNS)も
先月、今月は時間管理がテーマになっています。

この数年で働き方が大きく変化しました。

先月の私の残業時間は3.5時間。
数年前までは40~50時間の残業もざらにありましたが……

今は、限られた時間の中でいかに成果を出すのかに
焦点を当てています。

思考を変えることが第一歩ですね。

プライベートでも時間の節約ができるのではないかと考え、
先週は、初めてネットスーパーでお買い物。

これが想像以上に快適で、早くもクセになりそうです。

それでは、今回のメインテーマにいきましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■いま注目の「バイオマス」を取り入れよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

我が家では、日曜日に一週間分の食材をまとめ買いしています。
そのため、割と大きめのエコバックを三つ持参。

突発的な買い物にも対応できるよう、
仕事用のカバンにも小さめのエコバックを常備。

そのため、先日ネットスーパーを利用した際に、
久しぶりにレジ袋を手にしました。

レジ袋の有料化がスタートしたのが、昨年の7月。

海洋プラスチックごみの削減や、CO2排出量の削減など
環境問題への対応が目的です。

環境省が立ち上げたキャンペーン
「みんなで減らそう レジ袋チャレンジ」では、
レジ袋を使わない人を6割にすることを目標にしています。

そんな中、現在でも無料配布されているレジ袋もありますよね。
無料で配布できる条件は、以下の三つのうちのいずれか。

(1)フィルムの厚さが50ミクロン以上
(2)海洋生分解性プラスチックの配合率が100%
(3)バイオマス素材の配合率が25%以上

────────────────────
(1)フィルムの厚さが50ミクロン以上
────────────────────
50ミクロンは、0.05ミリです。

厚手にすることで耐久性を上げ、
繰り返し使用してもらうことが目的。

コンビニやスーパーで使用されているレジ袋は
10~30ミクロンが一般的なので、だいぶ厚手ですね。

────────────────────────
(2)海洋生分解性プラスチックの配合率が100%
────────────────────────
海洋生分解性プラスチックとは、
その名のとおり、海の中で分解されてしまう新素材。

熱や光、微生物の働きによって、
最終的には水と二酸化炭素に分解されるそうです。

技術の進歩はすごいですね。

─────────────────────
(3)バイオマス素材の配合率が25%以上
─────────────────────
バイオマスとは、動植物から生まれた再生可能な有機資源のこと。

そのバイオマス素材が、プラスチックの重量の
25%以上を占めるものが対象です。

三つの中で、最も普及しているのではないでしょうか。
先日、手にしたレジ袋もこれでした。

=======================
バイオマスマークとは
=======================

最近、こちらのマークをよく目にしませんか。
https://www.jora.jp/biomassmark/

レジ袋の他、冷凍食品やスナック菓子のパッケージ、
化粧品のボトルなどにも見られます。

地球から伸びるクローバーを表現した、このマーク。

クローバーはバイオマスそのもの。

クローバーの左側は「B」の裏文字、右側は「P」をかたどっており、
バイオマス製品(Biomass Product)を表しています。

【出典:一般社団法人日本有機資源協会】

生物由来の資源を利用している商品には、
このバイオマスマークを表示することができるのです。

=========================
印刷にもバイオマスを
=========================

このバイオマスマーク。
紙の印刷物にも表示できるのをご存知でしょうか。

バイオマスの紙?
いいえ、そうではありません。

紙と並んで、印刷に欠かせないもう一つの要素。
そう、インキです。

インキを「バイオマスインキ」にすることによって
紙の印刷物にもバイオマスマークを表示することができます。

「バイオマスインキ」とは、植物由来の資源から成分を抽出し、
製造されたインキのこと。

ご存じのとおり、インキに使用される溶剤は油です。

石油資源の枯渇は大きな社会問題。
当然、石油は使用すればするほどなくなっていきます。

ところが植物であれば、使ってもまた育つ。
まさに持続可能な資源と言えます。

植物が成長する過程では、光合成により二酸化炭素を吸収。
地球温暖化の抑制にも効果的なんです。

原料には、米ぬかや被子植物の種など
食用には適さないところが使われています。

それによって新たな産業が生まれ、
農家の所得増大につながるところもうれしいポイントですね。

SDGsへの関心が高まる中、いま注目の「バイオマス」。
自社の印刷物にも、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━
■お知らせ
━━━━━━━

◎コロナ復興支援
「プレミアム商品券」の印刷もお任せください。

針金なしのエコ製本

コピー防止、透かしやマイクロ文字など
さまざまな偽造防止をお選びいただけます。

◎2022年カレンダーも引き続き受付中

カレンダーの名入れサービス。
2022年も多彩なラインナップが揃っています。

▼デジタルカタログ
https://www.calendia.jp/dc/2022calendarcatalogue/index.html

━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━

今日は「バイオマスインキ」を取り上げました。

印刷会社の人と話すときには、
ぜひ「インク」ではなく「インキ」と言ってみてください。

たった一つの言葉の違いで、それっぽく見られます。笑

9月2日(木)に、株式会社ワン・パブリッシングから
『印刷ボーイズに花束を 業界あるある「トラブル祭り」3』
が発売されました。

▼参考リンク
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000232.000060318.html

「印刷ボーイズ」は印刷業界人や広告、出版に関わるデザイナー、
イラストレーターなどに支持されている印刷業界マンガ。

マンガ本編を楽しめるのはもちろんですが、
今回は、印刷用語の基礎を辞典としてまとめた
「印辞苑」も見どころの一つ。

使う言葉によって、業界に精通しているかが分かりますからね。

新入社員など、業界用語を覚えたい人はもちろん、
専門用語を分かりやすく解説したい業界人にも
役立つのではないでしょうか。

このメルマガに返信すると、そのまま井上だけにメールが届きます。
感想やご質問など、お気軽にご返信ください。

========================================================
このメルマガが役に立つと感じていただけましたら、
お知り合いにご紹介いただけますと幸いです。

【アイカTOKYO.netメルマガ】
https://aika-tokyo.net/newsletter/

ご登録いただいた方には「用紙サンプル」をプレゼント中!
========================================================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2万部以上のカタログ・冊子
10万部以上のチラシ・パンフレット
大ロット印刷なら

アイカTOKYO.net
https://aika-tokyo.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行責任者】
株式会社アイカ 東京本社
井上賢治
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋3-11-14 GS千代田ビル7階
MAIL aikatokyo@aika-tokyo.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ登録はこちら

株式会社アイカ 東京本社
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋3-11-14
GS千代田ビル7階
会社概要アクセス
電話でのお問い合わせ
03-4221-1116
営業時間:9:00-18:00(平日)
電話をかける
メールでのお問い合わせ