メルマガバックナンバー印刷に関するお役立ち情報をメールでお届けします

輪転印刷機の魅力に迫る

おはようございます。
アイカの井上賢治です。

2~3月は、一年を通して最も忙しい時期。
それにしても今年は、その訪れが早いと感じています。

例年、2月中旬から賑わいを見せ始め、
3月下旬にピークを迎えるもの。

今年は、現時点でご注文が殺到。
すでにドピークを迎えているような印象です。

うれしい悲鳴とは、まさにこのこと。
ありがたい限りですね。

当社の主力機である輪転印刷機も
3月末まで、24時間ノンストップでフル稼働。

怒涛の40日間になりそうです。

それでは、今回のメインテーマにいきましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━
■輪転印刷機の魅力に迫る
━━━━━━━━━━━━━━━━━

大ロット印刷を得意とする当社。
その象徴が、主力機である輪転印刷機です。

「輪転印刷機について詳しく知りたい」

読者の方から、そのような声もいただきましたので、
今回のメルマガでは、その機能やメリットをご紹介します。

ぜひ輪転印刷機の魅力に触れてみてください。

==========================
巨大なロール紙に印刷
==========================

一口に印刷と言っても、その方式や設備はさまざま。

中でも、オフセット印刷は代表的な方式で、
皆さんが印刷と聞いてイメージするのは、大抵これです。

オフセット印刷の主な設備は以下の二つ。

・枚葉印刷機(平台印刷)
・輪転印刷機

枚葉印刷機では、A判、B判などカットされた用紙に
一枚ずつ印刷します。

一方、輪転印刷機はロール状の用紙を使用しての連続印刷。

ロール紙は、巨大なトイレットペーパーを
イメージしてください。

どれほど巨大かというと、一本あたりに、
長いものだと15,000メートル以上もの紙が巻かれています。

総重量が800kgを超えるものもあり、
想像を絶する大きさです。

===========================
1日で500万枚を印刷!?
===========================

巨大なロール紙に印刷する輪転印刷機には、
二つの大きなメリットがあります。

最大のメリットは、何と言ってもその速さ。
これによって、短時間で大量に印刷することが可能となります。

昔のドラマなんかでは、事件が報道されるような場面で
新聞が印刷されている映像がよく使われていました。

あれが輪転印刷です。

具体的にどれくらいの速さなのか。
機械の性能や、用紙などの条件によっても変わりますが、
A1サイズで、1分間で500~600枚ほどが目安。

仮に1分間で500枚としても、
1時間(60分)で30,000枚、
1日(24時間)で720,000枚。

A4チラシに換算すると5,760,000枚にもなるのです。

===================
冊子印刷に効果的
===================

輪転印刷機には、もう一つ大きなメリットが。
それは「折出し」ができることです。

例えば、A4サイズの冊子を作る際には、
A1サイズの紙に印刷、それを8等分に折ることで、
A4の16ページにするのが一般的な手法。

枚葉印刷であれば、一枚ずつ印刷した後、
別の機械で折る工程が必要となります。

輪転印刷機は、この折り工程までを
一つのライン上で完結することができます。

印刷スピードが速いのはもちろんですが、
その後の製本工程にかかる時間までも短縮。

工程が減ることで、当然、コストの抑制にもつながる。

輪転印刷機は、冊子印刷において、
より高い効果を発揮します。

=======================
高速でも安心の品質を
=======================

「そんなに速く印刷して、品質は問題ないの?」
こうした心配があるかもしれません。

確かに、現場で輪転印刷機が稼働しているところを見ても
何を印刷しているのか判別できません。

あまりのスピードに目が追いつかないのです。

でも、ご安心ください。
多くの輪転印刷機には「品質検査装置」が付いています。

印刷機上にカメラが付いており、常に印刷面を監視。
問題が発生するとセンサーが異常を感知し、警報が鳴ったり、
自動的に不良品を排出してくれたり。

自動車の安全装置と同じような働きを備えているのです。

もちろん、印刷物を機械上から抜き取り、
プロの目による品質チェックも怠りません。

大ロット・短納期を実現する輪転印刷機。
冊子印刷では、その魅力を最大限に発揮します。

機会があれば、ぜひ実際の現場もご覧になってみてください。
輪転印刷機の全長は、ざっと40~50メートル。
巨大なロール紙に印刷される様子は、まさに圧巻ですよ。

━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━

メルマガを始めたのが、昨年の2月。
おかげさまで一周年を迎えることができました。

こうして続けることができたのも、
応援してくださる皆さまのおかげです。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

世間では、ワクチン接種の動きが加速していますね。
私も来週、3回目のワクチンを接種予定。

2回目の接種後は、2日間ほど副反応に悩まされましたが、
3回目はどうなることか。

念のため、前後のスケジュールも調整しないとですね。

ワクチン関連の印刷物も非常に多く動いています。
今の忙しさを生んでいる要因の一つかもしれません。

コロナ前は、イベントの告知や百貨店の催事など、
集客を目的としたものが数多くあった印象ですが、
環境の変化とともに、印刷物の内容も変わってきますね。

私にとっては、印刷物が時代を映す鏡にもなっています。

========================================================
このメルマガが役に立つと感じていただけましたら、
お知り合いにご紹介いただけますと幸いです。

【アイカTOKYO.netメルマガ】
https://aika-tokyo.net/newsletter/

ご登録いただいた方には「用紙サンプル」をプレゼント中!

▲過去のメルマガもこちらからご覧いただけます。
========================================================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2万部以上のカタログ・冊子
10万部以上のチラシ・パンフレット
大ロット印刷なら

アイカTOKYO.net
https://aika-tokyo.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行責任者】
株式会社アイカ 東京本社
井上賢治
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋3-11-14 GS千代田ビル7階
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ登録はこちら

株式会社アイカ 東京本社
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋3-11-14
GS千代田ビル7階
会社概要アクセス
電話でのお問い合わせ
03-4221-1116
営業時間:9:00-18:00(平日)
電話をかける
メールでのお問い合わせ