メルマガバックナンバー印刷に関するお役立ち情報をメールでお届けします

特殊紙を選ぶポイント PART2

おはようございます。
アイカの井上賢治です。

4月に入り、連日のように商談・打ち合わせの
予定が入っています。

繁忙期と言われる怒涛の3月が終わり、
一息つけるかと思いきや・・・・・・

うれしい誤算です。

今は、オンラインの打ち合わせが主流。
おかげで濃密な時間を過ごしています。

立て続けに打ち合わせの予定があっても、
移動時間を考慮しなくていいので、心にゆとりが生まれます。

商談後、10分後には必要な資料をメールで送付なんてことも。
このスピード感はありがたい限り。

夏の到来を思わせる陽気が続いたと思えば、
一転、冬に逆戻り!?

服装に悩まなくて済むのも、オンラインの良いところですね。

それでは、今回のメインテーマにいきましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━
■特殊紙を選ぶポイント PART2
━━━━━━━━━━━━━━━━━

いきなりですが、皆さん、
紙には「目」があるのをご存知ですか。

紙がじーっとこちらを見ているなんてことではありません。

紙の製造過程で生じる繊維の向き、
流れ方向を意味しています。

紙を破ると、比較的抵抗がなく真っすぐ破れる方向があります。
これが繊維の流れ目。

あるいは、1cm角くらいに小さく切った紙に、
水を一滴垂らしてみてください。

繊維の流れに沿って、くるんと丸まります。

この紙の「目」
きれいな印刷物を作る上で、押さえておきたいポイントです。

=======================================
紙の「目」が、仕上がりに影響を与える
=======================================

通常、紙には「縦目」と「横目」の二つがあります。
紙のサンプル帳なんかでは、「縦目」は「T目」、
横目は「Y目」と表示されています。

原紙サイズ(四六判・菊判など)で見たときの
繊維の流れ方向が違います。

・縦目(T目):長辺に平行
・横目(Y目):短辺に平行

四六判(788×1,091mm)の紙を例にすると、
1,091mmに平行に繊維が流れているのが「縦目」、
788mmに平行に繊維が流れているのが「横目」。

印刷物の仕様によって、この二つの使い分けが必要です。

例えば、二つ折のリーフレットであれば、
折り目と紙の繊維が同じ方向を向くように。

カタログやパンフレットであれば、冊子の背と
紙の繊維が平行になるよう設計しています。

それによって折り目がきれいに仕上がったり、
ページがめくりやすくなったりするのです。

================================
特殊紙では限定される紙の「目」
================================

特殊紙で、A4サイズのカタログやパンフレットを印刷したい時は、
菊判の規格がある紙から検討するのがポイント。
それによって無駄な費用も抑えることができる。
と、前回のメルマガでお伝えしました。

▼前回のメルマガは、こちらからご覧いただけます
https://aika-tokyo.net/news/2820/

A4サイズの冊子を作る際は、菊判横目の紙を選ぶと、
背と紙の繊維が平行になります。

A5サイズの冊子ならば、菊判縦目の紙をチョイス。

適切なサイズと紙の「目」を選択することが、
費用を抑え、かつ高品質を実現することにつながります。

実は、特殊紙を選ぶ上でもう一つ頭を悩ませるのが、
この紙の「目」なのです。

特殊紙の多くは、四六判の規格しか存在しないことは、
前回のメルマガでお伝えしましたね。

問題は、そのほとんどが「横目」限定であること。

菊判は「縦目」「横目」の選択ができる紙が多い中、
四六判は「横目」しか存在しない特殊紙が大半なんです。

これが、さらなるコストの上昇を招いたり、
選択肢を狭めてしまう要因なのです。

===============================
紙に仕様を合わせる逆転の発想
===============================

特殊紙は、なんと言っても一般的な紙では得られない
見た目のインパクトや独特の質感が魅力。

紙のサンプル帳を見て一目ぼれ、なんてことも。

四六判「横目」の規格しかない紙でも
どうしても使いたいと思うことがありますよね。

そんな時は、紙の規格に合わせて仕様を見直すのも
一つの考え方です。

四六判「横目」に適した冊子のサイズとして
すぐに思い浮かぶのはB4またはB6サイズ。

とは言え「B4では大きすぎる」「B6では情報量が限られる」
こうした声もあるでしょう。

そこでオススメしたいのが「B5サイズの横本」です。

短辺を背とした横開きの冊子。
写真集やイラスト集、絵本なんかにもよく見られる形状。

これならば情報量を確保でき、持ち運びにも便利。
紙の「目」もぴったりで、何よりおしゃれ感もありますよね。

仕様に適した用紙を選択するのではなく、
紙に合わせて、印刷物の仕様を考えてみる。

切り口を変えてみると、特別感を演出しながら
コストパフォーマンスを向上させることもできます。

逆転の発想。
特殊紙を選ぶ際のもう一つのポイントですね。

━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━

最近、知人に紹介されて読んだこちらの本が
とても勉強にりました。

・「させていただく」の使い方(椎名美智・著)

テレビを観ていても、出演者の発言に違和感を覚えることが
たびたびありました。

「これから歌わせていただきます」
「私たちは結婚させていただくことになりました」

もちろん、日常のビジネスシーンでも目にします。

「お見積もりをお送りさせていただきます」
「今度、お伺いさせていただきます」

なぜ、みんなこんなに「させていただく」んだろう・・・・・・
って思っていました。笑

この本を読んで、大いに納得。

私の世代と若い世代では、
意味合いが違っているところもあるんですね。

「部下の言葉遣いが気になる」という方にも
ぜひおすすめです。

========================================================
このメルマガが役に立つと感じていただけましたら、
お知り合いにご紹介いただけますと幸いです。

【アイカTOKYO.netメルマガ】
https://aika-tokyo.net/newsletter/

ご登録いただいた方には「用紙サンプル」をプレゼント中!

▲過去のメルマガもこちらからご覧いただけます。
========================================================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2万部以上のカタログ・冊子
10万部以上のチラシ・パンフレット
大ロット印刷なら

アイカTOKYO.net
https://aika-tokyo.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行責任者】
株式会社アイカ 東京本社
井上賢治
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋3-11-14 GS千代田ビル7階
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ登録はこちら

株式会社アイカ 東京本社
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋3-11-14
GS千代田ビル7階
会社概要アクセス
電話でのお問い合わせ
03-4221-1116
営業時間:9:00-18:00(平日)
電話をかける
メールでのお問い合わせ