メルマガバックナンバー印刷に関するお役立ち情報をメールでお届けします

ここだけは押さえておきたい!データ制作のポイント

おはようございます。
アイカの井上賢治です。

少しずつ対面での打ち合わせも増えてきました。

今日は、午前中にアポイントが1件。
実は、この打ち合わせには二つの楽しみがあります。

メインは、もちろん具体的なビジネスの話。
かなりまとまった案件が動くかもしれません。

もう一つは新社屋への訪問です。

こちらは、2年ほど前に新社屋を建設されたのですが、
伺うのは今日が初めて。

「働きがいのある会社」「働きやすい会社」として
メディアにも取り上げられている企業です。

その秘訣が垣間見えるかもしれません。
場の雰囲気も楽しんできたいと思います。

それでは、今回のメインテーマにいきましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ここだけは押さえておきたい!データ制作のポイント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日々仕事をしている中で、時代の変化を感じることがあります。
最近、意識させられるのは「Canva(キャンバ)」の存在。

「Canva」は、ブラウザ上やスマホアプリで使用できる
デザイン制作ツールです。

2013年にオーストラリアでサービスが開始され、
2017年には日本語版がリリース。
無料で使用できることから、利用者が増加しているようです。

このところ印刷用の入稿データとして、
「Canva」から書き出されたPDFをよく見るようになりました。

デザインソフトと言えば「Illustrator(イラストレーター)」や
「InDesign(インデザイン)」がスタンダード。
実際、数多くのデザイナーが使用しています。

基本的には、プロのデザイナーに任せるのがベスト。

しかし、選択肢が増えることは悪いことではありません。
センスがある人なら、自分でデザインしたくもなりますよね。

あるいは、今「PowerPoint」などOffice系のソフトで
印刷物を作っているのであれば、
むしろ「Canva」の方が良いとさえ思います。

そこで今日のメルマガでは、印刷物のデータを制作する上で、
ここだけは押さえておきたいポイントをご紹介。

特に、初めて冊子のデザインをする方は
要チェックです。

=======================================
必要不可欠な「トンボ」と「塗り足し」
=======================================

印刷用データを作るうえで欠かせないのが、
「トンボ」と「塗り足し」です。

「Canva」でデザインしたものは、PDFをダウンロードする際、
必ず「トリムマークと塗り足し」にチェックを入れてください。

PDFを開いてみると、四隅にトンボ(トリムマーク)が
確認できます。

「トンボ」は、印刷物の仕上がり位置を示すマーク。

例えば、A4サイズのチラシを作る際、
A4サイズの紙に印刷しているわけではありません。

A4サイズよりも大きく印刷し、それを断裁することで
紙の端まで色を載せています。

その断裁位置を示すのが「トンボ」の役割なのです。

「塗り足し」は、仕上げ断裁をするための
断ち代(たちしろ)にあたる部分。

通常、仕上がり位置よりも3mm絵柄を伸ばし、
「塗り足し」を作っておきます。

「塗り足し」がないと、断裁位置がわずかでもズレたときに、
印刷されていない紙の白地が出てしまいます。

仕上げ断裁は、紙を一枚一枚切るのではなく、
数百から千枚程度の紙を重ねて一気に断裁します。

そのため、断裁時の圧力でわずかにズレが生じることも。

「塗り足し」があることで、断裁にわずかなズレが生じても、
紙の端まできれいに色が載って見えるのです。

===================================
断裁位置はわずかにズレる可能性が
===================================

断裁位置は、わずかにズレる可能性がある。

この前提に立つと、データを制作する上での
注意点が見えてきます。

それは、
『仕上がりギリギリまで文字やイラストを配置しない』こと。

「塗り足しがないと紙の白地が出てしまう」
これは断裁が本来の仕上がり位置よりも外側にズレたときの話。

当然、断裁が内側にズレる可能性もあります。

そのため、切れてはいけない文字やイラスト、写真などは
仕上がり位置よりも3mm以上内側に配置すべきなのです。

========================
冊子は特に注意が必要
========================

冊子を作る際には、さらに注意が必要です。

────────────
◎中綴じ冊子の注意点
────────────

A4サイズの中綴じ冊子は、A3見開き(A4-4ページ)の紙を重ね、
針金で綴じています。

綴じた後に断裁して仕上げているのですが、
このときA4サイズになっているのは、
実は一番外側のページだけです。

紙には少なからず厚みがあります。
中綴じ冊子の場合、内側のページほど紙の厚み分だけ
A4サイズより小さく断裁されてしまいます。

例えば、マットコート紙135kgの厚みは約0.17mmです。
6枚重ねると1.02mm。
12枚重ねると2.04mm。

仮に24ページの冊子であれば、計算上、真ん中のページは、
2mm以上短く断裁されることになります。

中綴じ冊子のデータを制作する際には、
小口側(こぐちがわ/本を開く側)が短くなることを踏まえ、
文字やイラストを3mmよりさらに内側に配置する必要があります。

─────────────
◎無線綴じ冊子の注意点
─────────────

無線綴じの場合は、中綴じとは反対に、
のど側(本の綴じ側)に注意が必要です。

無線綴じは、本文をホットメルトと呼ばれる専用ののりで固め、
表紙を巻いています。

のりが数ミリ程度、紙に浸透するため、
中綴じのようにページを180度開くことができません。

本の形に仕上げた際、のど側の情報は
見えなくなる可能性があります。

読みやすさを考えると、仕上がりよりも10mm以上内側に
文字やイラストを配置することがお勧めです。

印刷物のデータを作るには、多くの専門知識が必要です。
繰り返しになりますが、
基本的にはプロのデザイナーに任せるのがベスト。

それでもデザインにチャレンジしてみたいという方は、
ぜひ参考にしてみてください。

出来上がりを見て、がっかりしたくはありませんからね。

━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━

休暇中や旅行中に仕事のメールがきて、
気分が下がってしまったり、気になってしまったり・・・・・・

そんな人のために、休暇中に馬がメールの返信をしてくれる
サービスがあるんだとか。
https://news.yahoo.co.jp/articles/60e31989e93ec3077c4063c9d57e783a189a2f73

休暇を満喫したい気持ちは理解できます。
でも、それは事前の段取りで解決できる問題なのでは?
とも感じてしまいます。

メールは私の仕事上における生命線。
馬の力を借りることなく、上手に付き合っていきたいですね。

========================================================
このメルマガが役に立つと感じていただけましたら、
お知り合いにご紹介いただけますと幸いです。

【アイカTOKYO.netメルマガ】
https://aika-tokyo.net/newsletter/

ご登録いただいた方には「用紙サンプル」をプレゼント中!

▲過去のメルマガもこちらからご覧いただけます。
========================================================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2万部以上のカタログ・冊子
10万部以上のチラシ・パンフレット
大ロット印刷なら

アイカTOKYO.net
https://aika-tokyo.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行責任者】
株式会社アイカ 東京本社
井上賢治
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋3-11-14 GS千代田ビル7階
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ登録はこちら

株式会社アイカ 東京本社
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋3-11-14
GS千代田ビル7階
会社概要アクセス
電話でのお問い合わせ
03-4221-1116
営業時間:9:00-18:00(平日)
電話をかける
メールでのお問い合わせ