SDGs持続可能な開発目標に向けての取り組み

FSC®認証

FSC®認証は、適切に管理された森林から調達された原料で製品を作り、消費者に届ける仕組みです。FSC®認証紙を使用した印刷物には「FSC認証ラベル」が表示可能。環境に配慮された製品であることが一目で伝わります。アイカでは2007年の認証取得以降、1,500件を超える取り扱い実績があります。

GP(グリーンプリンティング)認定工場

アイカの本社工場・Dream工場は、環境に配慮された「GP(グリーンプリンティング)認定工場」です。一般社団法人日本印刷産業連合会より2006年に認定を受けました。

  • 法令、条例の順守
  • 地域住民への環境影響(悪臭・振動・騒音など)の防止
  • VOC(揮発性有機化合物)発生・排出の抑制による大気汚染対策
  • 廃棄物の削減とリサイクルの推進 など

GP(グリーンプリンティング)認定工場で製造された印刷物には「GPマーク」が表示可能です。「GPマーク」は、資材だけではなく製造工程にまで配慮されている証。刊行物や企業のパンフレットなど、数多くの印刷物に表示されています。

グリーン・グラフィック・プロジェクト

アイカは、富士フィルム株式会社のグリーン・グラフィック・プロジェクトに参加しています。グリーン・グラフィック・プロジェクトは、地球温暖化対策として「カーボン・オフセット制度」を利用してCO2排出量削減に取り組む活動。カーボンゼロの無処理プレートを使用することで、CO2排出量の削減に貢献しています。

カーボンゼロの無処理プレートは、従来使用していた現像処理機器も不要に。現像液などの化学薬品や水も不使用。廃液が生じないことで、その他の環境負荷低減にもつながっています。カーボンゼロ・プレートを使用した印刷物には「グリーン・グラフィック・プロジェクト(GGP)マーク」が表示できます。

植物油インキ・バイオマスインキ

アイカのプロセスインキは、すべて植物油インキを使用しております。かつての大豆油インキ制度に代わり、大豆油に限らず、その他の植物油や再生植物など対象範囲を広げています。大豆と違い、米ぬかや被子植物の種など、食用には適さないものを原料にすることが新たな産業を生み、農家の所得増大にもつながっています。一般社団法人日本有機資源協会のバイオマスマーク認定商品としても登録されています。

太陽光発電パネル

アイカDream工場の屋上には、1,580枚の太陽光発電パネルを設置しています。年間の発電量は約470,000kwh。この発電量は、4人家族が1年間に消費する一般的な電力消費量の98世帯分に相当します。

太陽光発電パネル

技能実習制度

技能実習制度は、日本で培われた技能、技術または知識を開発途上地域へ移転させ、その地域の経済発展を担う「人づくり」に寄与する制度です。アイカは、主務省令で定める基準に適合している実習実施者として、外国人技能実習機構から優良認定を受け、第3号技能実習生を受け入れています。

安心・安全・納得|オンライン打ち合わせ
『FSC認証紙』のご案内
安SDGsの取り組み
メルマガ登録のご案内
株式会社アイカ 東京本社
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋3-11-14
GS千代田ビル7階
【営業時間】平日 9:00-18:00
会社概要アクセス