Illustratorデータ作成ガイドラスタライズ

ラスタライズとは

ラスタライズは、パスの多い複雑なオブジェクトや重いリンク画像、埋め込み画像を「ビットマップ画像」へ変換する処理で、データをシンプルにすることで、印刷時のトラブルの防止となります。

複雑なデータはトラブルの元となります

Illustratorでパスの多い複雑なデータや、不透明度を多用したデータ、ドロップシャドウ等のスタイライズ効果を多用したデータは、印刷時に色の変化やオブジェクトの抜けなど、思わぬトラブルやエラーにつながってしまう可能性があります。トラブル防止の為にもラスタライズ化によるシンプルなデータ作成をお心がけください。

ラスタライズの方法

(1) ラスタライズしたいオブジェクトを選択します。

  • ※このとき、レイヤー・オブジェクトの上下関係等に気をつけください。
  • ※画像は埋め込まれた状態にしてから選択してください。

(2) メニュー[オブジェクト]→[ラスタライズ ]から下記の設定をしてください。

カラーモード CMYK
解像度 その他:350ppi
背景 透明
オプション アンチエイリアス:アートに最適(スーパーサンプリング)
特色を保持 チェックを外します

(3) 設定後、ダイアログのOKをクリックすると、選択していたオブジェクトがラスタライズ化されます。

ラスタライズ後のご注意

  • ラスタライズするとオブジェクトは基本的に編集はできなくなります。
    (ラスタライズ前のデータも再編集用に取っておきましょう)
  • ラスタライズ後は見た目の変化が起こっていないかよく確認ください。
  • ラスタライズした画像を拡大すると、画像が粗くなりますのでご注意ください。
株式会社アイカ 東京本社
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋3-11-14
GS千代田ビル7階
会社概要アクセス
電話でのお問い合わせ
03-4221-1116
営業時間:9:00-18:00(平日)
電話をかける
メールでのお問い合わせ